なめこちゃんじる!!

役者が音楽と日常を語るブログ!!

なめこちゃんじる!!

電話営業の仕事をやめたいと思った理由といま自分がいる状況を整理する

【スポンサーリンク】

f:id:namekochanjiru:20170403225342j:plain

どうも!なめこちゃんです!!

別ブログでですが以前、テレアポ営業が精神的に辛いという記事を書きました

sento-style.com

入社してから2週間ほど経った頃に書いた記事ですが、一ヶ月たった今でもその考えは変わりません

 

「残業なしの会社なんていまどき珍しいし、空いた時間でブログや趣味でプライベートを充実させて楽しく過ごそう!」

こんな感じで当初は仕事に対して前向きに考えられていました

しかし、いまは一切前向きには考えられなくなってしまったんですよね

自分の頭の中を整理するために記事にしてみようと思います

電話営業は自分には向かない仕事だった

精神のすり減り方が今まで体験したことがないものだった

電話営業では自分で実感しづらい精神の消耗の仕方をしているようで、気がつけばため息ばかりになってしまっています

 

電話先は嘘をつく人が多いです

「社長は今いますか?」

「あいにく離席中ですorお客様対応中ですor出張中です」

「じゃあ又改めたいと思います」

こんな会話がテンプレート的に繰り広げられるわけ

そんで何日間かかけ続けると

「何度もかけてくてくれますけど営業だったらお断りします」

って言われる始末

最初から興味ないんだったら最初にいってほしい・・・

 

というか最初から必要とされていない商品なんですよね。僕が営業しているものって

話を聞いてもらえたとしても興味を示さない人ばかり

僕自身も魅力的には思えない商品です

それを良い値段で売りつけようとしているわけで、罪悪感が募っていきます

契約してくれる人はお年寄りが多いのでより一層「悪いことをしている感覚」になってしまう

 

「仕事だからしかたない」と思ってやっていたのだけれど、積もり積もって今まで感じたことのない感覚に見舞われています

先輩に話してはみたものの、この道で10年くらい働いている人なので理解できるわけもなく

明らかに僕とは感覚が違う人が働いている職場なんだなと実感してしまいました

食欲がなくなり体重が50キロを切った

今の職場で働き始めてから食欲が急激になくなりました

ちなみにこの49キロという体重は、食後に全裸で測った体重です

体調面でも危険を感じてきました

職場がいい人とか関係ない!

僕がこの職場に就職した大きな理由が、面接をしてくれた部長と先輩がとても良い人だったからです

この人たちとなら問題なく働けそうだなと思ったんですよね

仕事が大変なのはどんな職場でも一緒ですし、人間関係さえ良好なら長く働けるというのが持論としてありました

でも、職業には向き不向きっていうのがあったんですね

疲れてもいないのになんのやる気も起きない無気力状態が続いています

30歳目前ということと結婚に向けて定職を見つけなければいけない

先日、29歳になってしまいました

運の良いことに結婚したいと思える人と出会え、役者を辞めて家庭をもつ事を選ぶための準備として就職しました

夢ではなく現実を受け入れて、その中で見つけた夢に向かっての第一歩目が就職でした

 

しかし、さっそく心が折れてしまっています

とりあえず3年はいようと思って入った会社を一ヶ月でやめようとしています

この先、自分でも続けられそうな仕事を見つけられるのか不安でしかたない

資格を取って独立開業を目指してみようと思ってはいますが、独立という結果が出るかもわからないことをまた目指すというのも不安です

 

現実と向き合うことがこんなにも怖いものだったなんて知らなかった

みんなどうやって働いて生きているのか全然理解できないし、わからない

今まで自由に好きに選んで歩いてきたツケが今になってかえってきている気がします

誰かに与えられたり、なんとなく生きてきた人たちが羨ましく感じてきました

はやくこの何をしたら良いかわからない状況から脱出したいと思います

 

上手くまとまっていないけどこんな感じです

頭の中を整理したくて書いてみたけどあんまり整理できなかったわー